うさぎのスナッフル 治療費はどのくらい?

うさぎの治療費は犬や猫と比べると割高ですが、スナッフルの治療費はさほど高額ではありません。

 

5,000円から10,000円程度で済みます。

 

とはいえ、動物病院の料金は一律に決まっているというわけではありません。

 

高い料金設定の病院もあれば安い病院もありますので、おおよその目安を挙げてみます。

  • 初診 5,000円 (薬代込)
  • 通院 2,000円 (薬代込)/回

 

病院による価格差

地域によっての価格差というよりは、人気の高い病院が料金を安く設定してケースがよくあります。

 

実際に動物病院にかかる前に、各種料金を確認しておきましょう。

 

また、うさぎの治療は受け入れていない動物病院もあるので、日頃からかかりつけの病院を決めておいたほうが安心です。

 

治療費が足りない場合

スナッフルの治療は高額ではありませんが、斜頚(しゃけい)では3〜5万円、尿石症では10万円超えることもあります。

 

毛球症の場合は開腹手術が必要ですから、うさぎの治療費が足りなくなることもあります。

 

そんな時には、こちらの記事をご覧ください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「うさぎの治療費が高くて払えない…」

今すぐ解決!

 

うさぎの治療費 相場はどのくらい?

うさぎの治療費は犬や猫よりも割高に設定している病院がほとんどです。治療費の相場を見てみましょう。

 

初診料 1,500円
再診料 1,000円
爪切り 500円
グルーミング 500円
点滴 1,500円
点眼薬 1,500円
ノミ・ダニ駆除剤 2,000円
抗生物質 3,000円
採血 2,000円
血球検査 3,000円
血液生化学検査 700円/項目
レントゲン 5,000円
X線検査 4,000円
去勢手術 30,000円
避妊手術 50,000円
子宮蓄膿症手術 100,000円
乳腺腫瘍手術 100,000円
抗がん剤/回 10,000〜20,000円
スナッフル 10,000円
不正咬合 3,000〜15,000円
外耳炎 3,000〜10,000円
皮膚炎 3,000〜10,000円
毛球症 20,000〜30,000円
皮膚糸状菌症 3,000〜10,000円
斜頚 30,000〜50,000円
眼振 10,000〜30,000円
尿石症 30,000〜150,000円
開帳肢 5,000〜30,000円

 

初めてウサギを飼う方へ

ウサギをペットとして迎えようとしている方は多いと思います。ウサギはぬいぐるみのようにかわいらしくて、ペットとしての大きさが丁度いいですね。

 

これから初めてウサギを飼う方に、餌について簡単にご紹介します。

 

食事

ウサギに与える食事は、次のものがよいでしょう。

  • ラビットフード(ベレット)
  • にんじん
  • キャベツ
  • かぼちゃ
  • ブロッコリー
  • 小松菜
  • カブの葉
  • きぬさや
  • さつまいも
  • とうもろこし
  • 干し草

 

ウサギの食欲と健康のために、常に新鮮なものを与えるようにしましょう。

 

毎日あげるもの

干し草は毎日あげてください。繊維質が多く含まれているので、ウサギが元気になります。

 

時々あげるもの

りんご、みかん、たんぽぽ、はこべなどは、時々与えてください。

 

好き嫌い

ウサギにも好き嫌いがあります。ペットショップのラビットフードには固いものとやわらかいものがあるので、いろいろなタイプを試してください。

 

ウサギが喜んで食べてくれるものを見つけるのも飼い主の楽しみの一つですね。

 

おやつ

固いおやつは、歯の伸びすぎを防ぐので大切です。ウサギは歯が伸びすぎると病気になるのです。

 

野菜や果物は、よく洗って水気をふいてから与えてください。農薬がついていたら大変ですから、注意しましょう。